合格体験記

 私は二年生の春、塾に入り、

課題も真面目にこなし机に向かっている時間は長かったのですが、

思うように成績が伸びず、旧帝大には手も足も出ない状態でした。

三年生になり、塾で毎日早朝から夜遅くまで

ずっと勉強している浪人生たちの姿を見ていると、

「このまま非効率な勉強をしていては、

第二希望の大学ですら合格できないのではないか」と思い、

やっとスイッチが入りました。


 それから先生の話や合格体験記、ネットの情報を参考にし、

三年生は以下のことに留意し過ごすようにしました。


 一つ目は、気持ちの面において常に「今しかない」という意識を持つことです。

なぜなら日々の授業でやってたことがそのまま入試で出ることは、

十分あり得るからです。

また、模試の直後などで皆がだらけ易い時に、

この意識をもって直ぐに見直しをするということが、

浪人生に追いつく鍵になると考え実行しました。


 二つ目は、自分が嫌でも勉強する環境を作ることです。

具体的にはスマホを家に置いていき、7時から学校で勉強をし、

19時まで残った後塾に行き、22時まで勉強しました。

これによりスマホの使用時間を1日平均1時間まで抑えるだけでなく、

家ではないので気が緩みにくく勉強に集中できました。


 三つめ目は、教える立場に立って考える癖をつけることです。

これは日ごろの自習や友達との教え合いなどから身につけました。


 その他には、授業でわからない点は絶対にできるだけ早く先生に質問し、解決することは言うまでもありません。


 その結果、記述模試やオープン模試では九大C判定、センターでは

二次で十分逆転できる範囲まで実力を上げることが出来ました。


 合格は塾なくしては取れなかったものなので、

こちらの塾を選択して本当に良かったと思ってます。

信州大学工学部(繊維) 合格 五条高校卒業 S.O君 .png

   2020 FRONTIER. All Rights Reserved.